FXで使うサポートラインとレジスタンスラインを徹底解説!


FXをやっていると、
必ず意識されるラインがあります。

そして、そのラインはかなり使えるのです。

今回はそんな
FXのテクニカル分析の中で重要
サポートラインとレジスタンスラインについて、
お話ししていきたいと思います。

そしてトレードの中で、
非常に大事なのに、
その使い方をほとんどの方が
分かってないんじゃないかと思います。

今回本当の使い方をお話ししていきます。

それでは早速行ってみしょう!

サポートラインとレジスタンスラインってそもそも何?

そもそもこれが何なのか?
という事からお話ししていきます。

まずは、サポートラインから
お話ししていきます。

サポートラインは、
別名『支持線』とも呼ばれています。

これは買い圧力が
強いと思われている
価格帯を表しています。

という事はその価格帯のラインはすごく、
世の中から意識されているという事がわかります。
その価格が上昇していき
その価格帯まで下がってきたとき
みんなが意識しているので
反発しそして又そこを底値に
上昇するという事が起こります。

こちらの図を見て頂ければ、
分かりやすいかと思います。

赤の水平のラインが
サポートラインになります。

このように、意識され反発しています。

ただ、永遠に価格帯を割らずに
反発し続ける事はありません。

そこのサポートラインを
突破してくることも、
又普通の話なのです。

そしてその突破したラインは
買い注文が発生しているラインで
注目がされているのですが、
その価格帯まで又戻ってきたとき
人の心理は面白いことに
建値で決済又は、
少しでも利益をとって終わっておきたいと
思うものです。

これはプロスペクト理論にも
当てはまる内容です。

そうなると売りが殺到し、
その価格帯を割るとき
一気に大暴落が起こるのです。

そして、下降トレンドが
発生していくという流れが起きます。

ではでは、続いて
レジスタンスラインについて
お話ししていきます。、
レジスタンスライン、
別名『抵抗線』とも言います。

これは単純に先ほどお伝えした、
サポートラインの逆だと
理解して頂いて大丈夫です。

こちらの図が、
レジスタンスライン
反発している状態になります。

こちらの図が、
レジスタンスライン
大きく突き抜け
上昇トレンドとなった図になります。

この一連の流れが、
レンジ相場から
トレンドが発生する
起爆剤となるのです。

サポートラインとレジスタンスラインの引き方を解説!

サポートランレジスタンスライン
引き方次第でははっきり言ってどうとでも弾けてしまうという事があります。

そこで今回は今すぐ使えるラインの引き方について
お伝えしていきます。

結論からまずお伝えすると…

サポートラインとレジスタンスラインどちらも
合わさったところにラインを引いていきましょう!

これが、レジサポラインです!!

文章だけでは
理解しにくいかと思いますので、
実際のチャートを見ながら、
解説していきます。

例えばこちらのチャートを見て頂くと
ピンクのラインレジサポラインとして引いた水平線になります。

この図を見て頂ければ分かるように
ばっちり反発しています。

これがレジサポラインの引き方になります。
この図では、レジスタンスとサポートという順番になっていますが、
そこはどちらが先でも同じです。

この図とは逆のパターンももちろんあります。

レジサポラインが引けたそのラインに価格帯が接近してきたときが
非常に重要になってくるのです。

ただ絶対にこのレジサポラインが反発する訳ではありません。
あくまでもこれはトレードにおける
判断材料の一つでしかないと覚えておいてください。

色々な状況の中で、
『買いでエントリーか?』それとも
『売りでエントリーか?』
その判断の材料の一つでしかありません。

ここに相場の流れはどうなのか?
大きい流れはどちらに向いている?
小さな流れはどちらに向いている?
何が今一番大事なのか?

等々様々な情報をチャート上から読み解き
エントリーしていく事が大事になります。

シンプルに単純に
エントリーすることは
非常に大事な事ですが、
無知でシンプルにやるのと
知っていてシンプルにやるのでは、
雲泥の差になります。

まとめ

今回のお話で
サポートラインとレジスタンスライン
について詳しく解説していきました。

そして、レジサポラインの引き方も
理解できたかと思います。

意識されているラインは数多くあります。
引こうと思ったらチャートが水平線だらけになって
何が何なのか分からなくなるので、
そこは整理して今一番必要なラインは
どれなのか?
それを見つけて余計なラインを消して
チャートを見やすくするのも
大事ですので、そのあたりは
気を付けてくださいね!

それではFXライフエンジョイしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です