FX エリオット波動とは??エリオットって何者?!


FXをしていると
エリオット波動という
カッコイイ名前の波動論
出てきます。

これは為替や、株式相場における
波動の原理を表したものになります。

このエリオット波動を
しっかり理解する事で
為替や株式の相場で
かなり有効に使えるものになってきますので
しっかり理解して頂ければと思います。

それでは早速いってみましょう!

FXのエリオット波動とは??【初級】

エリオット波動
波の動き推進波と修正波
2つの波動で成り立っています。

推進波が、5つの波
修正波が、3つの波
その変形で構成されています。

ただ、この推進波には
条件があります。

上昇トレンドの場合

・第2波は第1波の始点を下抜く事がない。
・第3波が最も短い波になる事がない。
・第4波が第1波の価格帯に割り込む事はない。

FXで大事な上昇レンドとは?下降トレンドとは?

これらの条件が必須になってきます。

※下降トレンドの推進派の場合は逆になります。
※レバレッジがあるものに関しては
一時的に割り込む事がありますが(FX等)
ただ、それは極めて稀なケースになります。

図で表すと下記の図のようになります。

推進モードでは、第1波、第3波、第5波
全て同じ方向を向いているもので、
それらの波は相場は力強く相場を引っ張る事から
『推進』と呼ばれています。

修正モードは全てのトレンドとは逆行して
推進の流れを一旦中断させるモノなので、
第2波と第4波がそれに当たります。

ただそれは、それに先立つ
推進波に対する反動として現れて、
「押しや戻り」それまでの
上げ幅又は、下げ幅の一部を修正する事から
その構成を『修正』と呼んでいます。

この8つの波で構成される一つのサイクルは
更に2つの別個の階段で構成されます。

5つの波による推進階段と
3つの波によるその修正階段で

もう一つ抽象度を上げると、
修正波A波とB波とC波
連続する第1波~第5波
第2波として修正していることに
なっているのです。

このように
フラクタル構造になっています。

どういうことかと言うと

このサイクルの中の構成に
大きな第1波~第5波まであり、
その中にミニ版で同じように
第1波~第5波が存在するという事です。

ここは本当に大事な部分になりますので
しっかり覚えておいてくださいね!

文章では分かりにくいので
図で解説すると
以下の図のようになります。

詳細にして見ていくと、
大きい波形と、小さい波形
組み合わせるとこうなります。

更に、第1波、第2波、第3波は
『5つの波』
細分する事ができ、

第2波と第4波という修正波も
『3つの波』
細分することが出来ます。

拡大していったり縮小していっても
同じような形を形成していくのです。

この図のように見ていく事によって、

・2個の波
・8個の波
・34個の波

を表すことが出来ます。

こんなにすごい波動理論
考えた、エリオットさんって
本当にすごい人だと思います。

もっと詳しく掘り下げていくと
彼の凄さをもっと
理解して頂ける事だと思っています。

エリオットとは何者?永遠に使える理論!

エリオット波動は、
ラルフ・ネルソン・エリオットという人が
考えた波動の原理になります。

人類の歴史は、
あらゆる大不況や戦争や
その後の復興等、そこからの
経済発展での好景気、衰退等を
繰り返し歩んできました。

そんな経済の歴史のグラフ
エリオット波動を用いる事で
ものすごく適合出来たのです。

パターン化されており、
ある方向とその逆方向の
トレンドを描いて動くことを
発見しています!

波動は規則性を持ち
パターンの動きは繰り返し出現していて、
その中にも波動が又出現する等
色々な角度から説いていったのです。

そして、今後の相場の動きは
どう動いていくのか
このエリオットさんの
波動原理を用いれば、
簡単に読み解けるようになります。

当時、ダウ平均株価が
1929年のピーク約100ドルを
越える事なんて
あり得ないと多くの投資家が
口をそろえて言われていた中、

たった一人、エリオットさんだけは、
「これから、十数年以上大強気相場が来るよ!」
と言っていたのです。

その後上昇幅は誰もが想定する以上の
上昇を遂げていきました。

これほどまでに
エリオットさんの考えた
波動原理はすごすぎたという事です。

なぜ、このような事が分かるのかと言うと
群衆行動が株式相場や為替相場を
動かしているからなのです。

その大衆心理は規則性を持つと
エリオットは説いたのです。

と、いう事はエリオット波動を
極める事により
チャートの出来事を
事細かに説明することができ、

今後どうなっていくか
予測することが
できるようになっていきます。

恐るべしエリオット波動・・・

まとめ

いかがでしたか?

エリオット波動は
基本的な形は
5つの推進波と
3つの修正波で
成り立っている事を
理解していただけたのでは
ないでしょうか??

しかし、実際の
チャートはこれ程単純ではありません。

ただ、今回のお話は、
まだまだ、エリオット波動の
初歩の初歩のお話です。

まだまだ隠された、
読み解き方がありますので
楽しみに見ていってくださいね!

FXライフエンジョイしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です