FX エリオット波動のウェッジ(ダイアゴナルトライアングル)とは??


FXのチャートを眺めていると
必ず目にするチャートの形があります。

知っていると知らないでは、
今後の動きを予測していくのに
大きく差が出てきます。
今回はそんなウェッジについて
解説していきます。

エンディング・ダイアゴナルトライアングル
リーディング・ダイアゴナルトライアングル

ウェッジ=ダイアゴナルトライアングルとは?

ウェッジとはまず、
エリオット波動では
ダイアゴナルトライアングルの事を指します。

これは、
トレンドの最終局面の
第5波で発生する事
トレンド発生する
第1波で発生することが多いです。

この時の相場の集団心理は、
例えば、上昇(下降)トレンドが
発生しているときに
このウェッジが発生していれば、
価格帯が、重たくこれ以上上昇するのは
「しんどい」という感じになります。

このような、
マーケットの心理が表れてくるのです。

下記の画像を見ての通り、
このウェッジの形は分かりやすく
普通の5波動とは少し違った形をしています。

【エリオット波動とは?】
のところで解説した、
第4波が第1波の価格帯に
割り込んでくることは本来ないと、
解説していたのですが、
このウェッジに関しては、
特別違ってきます。

FX エリオット波動とは??

ウェッジに関しては推進波にも関わらず、
必ず、第4波の価格帯が
第1波の価格帯を
しっかり割り込んでくるのです。

どんな強烈なトレンドも
いずれ終わりは来るものです。

又新たなトレンドが
発生していくものです。

そんな時のトレンド転換等を狙う事が
できるポイントとなるので
しっかり押さえて行きましょう!

ウェッジに関して更に掘り下げた
パターン等を下記の記事でかなり詳しく
徹底解説していますので
しっかり見て形を把握していきましょう!

⇒エンディング・ダイアゴナルトライアングル
⇒リーディング・ダイアゴナルトライアングル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です