FXで重要なファンダメンタルズとは?本当の使い方公開!


FXをやってる人、株をやってる人なら
誰もが知っているファンダメンタルズ

今回はこれについて詳しく
お話ししていきますね!

本当に大事なお話で、
僕の持論や、今までの
アナリストの発言など
面白い観点から説明していきたいと
思います!

それでは早速いって見ましょう!!

FXで重要といわれているファンダメンタルズって何??

そもそも
ファンダメンタルズって何なのか??

ファンダメンタルズとは、
国や企業の経済状況等から
値動きを分析していくものです。

大堂なところでいうと、
経済指標の発表等が有名ですね!

後は各国の要人の発言などです。
ニュースなどでもよく見る
「どこどこの大統領が、○○を声明しました…」
とかありますよね。

それらをもとに今後
為替や株価がどう動いていくのかを
予測していくものです。

毎月第一金曜日にある
雇用統計も有名ですね!!

この時は基本的に為替も
大きく動くことが多いです。

ではでは、
ファンダメンタルズに注目していけば
絶対かてるじゃん!!等と
思うかもしれませんが、

残念ですが、それはないのです…

実際にそうであれば、
経済のスペシャリストである、方々、アナリスト

皆さん百戦錬磨の大富豪間違いなしですからw

FXにおけるファンダメンタルズはきっかけに過ぎない?

僕の経験や考えからすると、
はっきり言ってファンダメンタルズ
さほど重要ではなく、きっかけ等
すぎないと思っています。

『全てはテクニカルが支配している』

僕は本気でそう思っています。

要人の発言や経済指標の発表を
全く気にしていないというと嘘になりますが、
たいして気には留めていません。

テクニカル分析をしていくと、
おのずと答えは出てくるのです。

⇒FXで大事なテクニカル分析って何?徹底解説!

実際に、2016年アメリカの大統領選挙
これは、非常に面白かったですね!!

まさかまさかの、トランプさんが
大統領に当選しました!!

ほとんどの人は、そうなるとは
思っていなかったはずです。

当選する前の経済のアナリストなどは、
連日、トランプさんが大統領に
なれば、ドル円は90円、80円を軽く切ってくるとか
世界は終わるとか、とんでもないことを
つらつら、お話しされていました。

ですが・・・

実際はどうなったかというと、
選挙終了後、一時暴落はしました。
しかし、そこを底値に
大暴騰しましたね!

これが実際の当時のチャートです。

誰もが、当時この暴落は
永遠に続く等と思ったことでしょう。

しかし相場はその選挙を境に
大暴騰です!

ですが、テクニカル的にみて、
この大統領選で反転することは
すでに分かっていました。

仮にクリントンさんが
大統領になったとしても
同じようになっていたと思っています。

なので、僕の見解では、
トランプさんになろうが、
クリントンさんになろうが、
特に変わりないという事です。

相場はすでに転換点に来ていた…
そのきっかけが大統領選挙だった
という事だけに過ぎなかったのです。

当時世の中は、悲観的ムードMAXです。
誰もが大暴落すると断定していました。
世界はこれから大恐慌突入と思っていました。

ここで、投資の格言に面白い言葉があります。

『人が売るときに買え、人が買うときに売れ』

まさにこの言葉がぴったりです。

みんなが同じ方向を向いたとき、
相場は無情にも、反転するという事です。

そんな大統領選挙では、
ドル円、完全に孤独の買い注文となるわけですが、

『人の行く裏に道あり花の山』

となるわけです。

投資の格言は本当に意をついている
素晴らしい先人からの言葉です。

まとめ

今回は実体験をもとに、
本当に大事なお話をさせて頂きました。

結果、ファンダメンタルズだけで
今の時代は利益を出し続ける事が
出来ないという事です。

テクニカルありきの、
素材としてファンダメンタルズ
くらいの気持ちでいいわけです!!

これを機にテクニカルの勉強
真剣に始めて頂ければと思います!

それでは、今後も
FXエンジョイしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です