FXではダイバージェンスが最重要!勝組だけが知る法則とは!?


今回はFXの取引で使える
ダイバージェンスについて
徹底解説していきます。

これさえ押さえておけば、
怖いものはないのではないでしょうか??

あらゆるロジックと組み合わせて
このダイバージェンスを発見すると
最高の結果が得られるはずです。

今回のお話で明日からのトレードが
劇的に変わるって事もあり得る話で、
まさに一読アリの内容をお届け致します。

それでは、早速行ってみましょう!!

FXでのダイバージェンスってそもそも何??

そもそもダイバージェンスって何?

って所から入らせて頂きます。

日本語にすると『逆行現象』といいます。

ダイバージェンスは、
オシレーター系のインディケータを使った
サインになります。

因みにオシレーターというのは、
相場の強弱を表した、
インディケータで、現状どちらに圧力が
かかっている等を見るのに使います。

買いシグナルや、売りシグナル
発見するために使えます。

一般的には、
『MACD』『RSI』といった、
オシレータ―がよく使われています。
FXで重要なゴールデンクロスとデットクロスとは?【徹底解説】

ダイバージェンスは重要なシグナル

これらを使い
価格帯とオシレータ系の動き
違いを発見する事ができ、
そこで、このダイバージェンス
発見する事が出来れば、
結構熱いポイントとなっていきます。

実際のチャートを見てみましょう!

こちらのオシレータは
『MACD』になります。

赤線を見て頂ければ分かるように
価格帯は切り下がっているのに、
MACDは切り上がっています。

まさに『逆行現象』
が起きています。

これが『ダイバージェンス』で、
この場合であれば、
下降トレンドが、終焉を迎え、
上昇にトレンドに転換していくという
シグナルになっています。

FXで大事な上昇レンドとは?下降トレンドとは?徹底解説!

これは、逆でも同じです。
上昇トレンドの終焉での
ダイバージェンスもありますので、

下降から上昇だけではなく、
上昇からの下降も同じという事です。

ダイバージェンスで気をつける事

ダイバージェンスを
発見すれば、全てそうなるとは限りません。

そこには、時間足の関係等
大局的にチャート分析する必要があるからです。
なので、使うとしても
エントリーの根拠を、
ダイバージェンスだけで、
行うのは危険という事です。
そこに、他の要素も必要です。

あくまでも、判断材料の一つ
シグナルでしかありません。

ここにライントレードや、
他の根拠をプラスで取り入れる事が
非常に大事になってくるのです!

まとめ

相場に絶対はありません。
相場の格言です。
『木の葉が沈み石が浮く』

相場には絶対という事が
絶対存在しないのです!

本当にこのエントリーは間違いないか??
等々、時には、臆病に疑いながら
エントリーすることも大事なのです。

ただ、それを可能にするには、
ある程度の知識量が必要不可欠になってきます。

このサイトを通して、
トレードにおける知識を
蓄積して頂ければ幸いです。

それでは、
FXエンジョイしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です