FXで重要なゴールデンクロスとデットクロスとは?【徹底解説】


どうも!
今回はFXをやるうえで重要なシグナル
お話をしていきたいと思います!!

今回のお題はタイトル通りで

・ゴールデンクロス
・デットクロス

この二つについて
お話ししてい行きたいと思います。

今後取引していく際に
非常に重要な「売り」又は「買い」
シグナルになってきますので
しっかり覚えておいてくださいね!

それでは早速いってみましょう!!

FXでよく聞くゴールデンクロスとかデットクロスって何??

まず最初に・・・
名前カッコイイですよね!!w

これは簡単に言うと
「買い」や「売り」
シグナルになります。

例えばゴールデンクロスの場合
下降トレンドで進行していたものが
上昇に切り替わる
まさに「相場の転換点」
これを示すサインになるといわれています!!

⇒上昇レンドとは?下降トレンドとは?

デットクロスはただ単にその逆です。

上昇トレンドで進行していたものが
下降に切り替わる事を
教えてくれるサインです。

主に移動平均線(MA)
やインディケータの中で
最初から入っている
オシレーター系の
MACDで見られる現象になります!

図を見て見ると分かりやすいので、
まずは、移動平均線
ゴールデンクロスの画像を見ていきましょう!!

移動平均線だけの場合だとこんな感じです!

・水色の線がローソク足100本分の移動平均線
・赤色の線がローソク足20本分の移動平均線

赤色の線が水色の線が水色の線を
したから上にブレイクしています。

ローソク足を見てください。
しっかり上昇に切り替わっています。

デットクロスの場合も同じ
これの逆を示したものになります。

続いてMACD
ゴールデンクロスを見ていきましょう!
僕としてはこっちの方がよく見ています。

画像は先ほどの画像と時間軸は
同じになります。

赤い線がシグナル線といわれるものです。
MACDの移動平均線でになります。

縦線の白いものが、
ヒストグラムと呼ばれるものです。
これは、価格帯の直近の値動きを
強く反映しやすい2本の
指数移動平均線を
元に計算しているグラフなのですが、
簡単に言うと、相場の圧力を
表してくれるのがMACDです!

このシグナル線とヒストグラム
まさにクロスしている部分が
ゴールデンクロスになります。

デットクロスもまた同じく
これの逆です。

お分かりいただけたでしょうか??

FXではゴールデンクロスとデットクロスだけで勝てる?!

じゃあこれさえあれば、
「100戦練磨じゃん!!」
と思ったらいけません!

これだけでは絶対に
利益を出し続けるのは無理です。

相場には『だまし』というものがあります。

あくまでも、
『買うべき』又は『売るべき』
要素の一つにしかすぎません。

これを踏まえて、テクニカル分析
更に徹底していき、
本当に買っていいのか?
売っていいのか?の
判断をしていくのです。

⇒テクカル分析とは!?

シンプルなことは大事ですが、
無知の状態でのシンプルと
あらゆる事を知った上でのシンプルでは
大きく違っていきます。

まとめ

今回は
・『ゴールデンクロス』
・『デットクロス』について
学んで頂けましたね!

あくまでも一つのシグナルにしかすぎません。

これだけじゃ絶対に利益は出せません。

あらゆる根拠の中の一つに
していってくださいね!

それでは、
FXエンジョイしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です